FC2ブログ

はじめての電話エッチにすごく濡れたの~道具を使う編~

ここでは、「はじめての電話エッチにすごく濡れたの~道具を使う編~」 に関する記事を紹介しています。
レズれ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胸編のつづき。

「香。。。。かおり・・・・かわいい声きかせて・・・・」

香はいつも以上に濡れてしまったので、まだ布団の上でハァハァとしていました。

ちょっとだけあそこを触るだけでも、
「あ・・・あん」と声がでます。

おじさんが、しこしこしているのかと思うと、香の腰はまた動いてしまいました。

「おじさん。。。。香もっとしたいの・・・」

「香。ペン持ってきて・・・」

「ペン・・・?うん。わかった」

香はよくわからなかったけど、細長いペンを持ってきました。

「持ってきたよ。」

「そしたら、それで自分のクリトリスを優しく撫でて・・・」

「えっ!!」

クリもろくに自分の手で触ったことがないのに、ペン?

そう思って、おそるおそる。。。クリにペンをタッチさせると。。。

「あ・・・・あんっ。。。。」

ぐちゃぐちゃに濡れているあそこには、それだけでも、すごい刺激です。

「はぁ。。。。かおりの声・・・かわいいよ・・・・はぁ。。。。はぁ。。。。」

「あん。。。。。。あぁ。。。なにこれ、、、よすぎ。。。。」

すると、簡単にいれたことがない、おまんこに、ペンがするっと入ってしまいました。

「あ。。。。入れちゃった」

「あぁ。。。。かおり。。。それはおじさんのおちんちんだよ。。。おじさんの。。。おちんちん。。。はぁはぁ。。。」

「おちんちん。。。あ。。。気持いいの。。。。気持いい。。。。」

「かおり。。。腰もゆっくりと動かして・・・・」

いわれなくても、すでに腰は動いています。。。

「おじさん。。。おじさん。。。もういっちゃいそう。。。。」

「まって。。。まって。。。。かおり。。。あぁ。。。。はぁ。。。。。はぁ。。。。」」

「あん。。。頭がおかしくなっちゃいそうだよ。。。。。あ。。。」

「かおり。。。かわいい。。。かわいいこえ。。。。はぁ。。。はぁ。。。」

だんだんと香の手は早くなっていきました。

腰もただ動かすのではなく、浮かしてしまいます。

まるでそこにはおじさんがいて、香をついている光景がありありと思い浮かびました。

「あ・・・おじさん・。。。かおりいっちゃうよ・・・」

「はぁ。。。。はぁ。。。。はぁ。。。。かおりっ。。。。かおりっ。。。。待って・・・」

「はやい・。。はやく。。。きて・・。。」

もう、ペンでは太さが足りずに、指を3本射れてこすります。。。

「はぁ。。。はぁ・・・・かおり。。。いくよっ。。。。いくよっ。。。。。かおりーーーーーーーーーー」

「あーーーーーーーー・・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭の中が真っ白。

「はぁはぁ。。。。。かおり。。。。」

「はぁ・。。はぁ・・・・・おじさん・・・・」

「かおり。。。。たくさん、、、、たくさん。。。濡れたね・・・・」

「そんなこと言わないで・・・・。はずかしぃよぉ。。。。。。」

「はぁ。。。。。。かわいい。。。」

電話はそのあと、少し会話して終えました。

ホントに濡れまくった電話エッチでした。

アプリエッタ
アプリエッタ


Juicy Diner
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://girlssecretgarden.blog.fc2.com/tb.php/147-214c70cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。